リゾートバイトとは?メリットとデメリットを紹介

リゾートバイトとは?メリットとデメリットを紹介

リゾートバイトにはどんな職種がある?

リゾートバイトというのは、国内のリゾート地で勤務するバイトのことです。ビーチやスキー場、ホテルや旅館などでの仕事が多く、基本的には住み込みで働きます。そんなリゾートバイトの職種は、主に接客や事務、裏方仕事に分かれています。たとえばホテルや旅館の仲居・フロントは、リゾートバイトの定番の職種だといえます。同じく宿泊施設では、大量の皿洗いや温泉の掃除といった仕事もあります。宿泊施設の多い観光地ならではの特徴です。レジャー施設がある場合は、観光客の案内や受付、インストラクターなどの職種も多いでしょう。

リゾートバイトの嬉しいメリットとは

リゾートバイトのメリットはたくさんあります。1つ目は遊ぶ環境が整っていることです。リゾートに住み込みで働いているので、いつでもスキーやマリンスポーツなどを楽しめるのです。2つ目は貯金しやすいこと。アクティビティにあまり興味がなければ遊ぶことも少なく、お金が貯まりやすいでしょう。寮の宿泊費用がかからないことも多いため、出費を抑えられます。3つ目は新しい人と出会えることです。リゾートバイトで働いている他の人と同じ寮で寝泊まりしているため、自然と仲良くなれるでしょう。

リゾートバイトにはデメリットもある?

メリットの多いリゾートバイトですがいくつかのデメリットもあります。リゾートバイトができる場所は、基本的には山奥や海沿いです。リゾート地であり人が住む場所ではないため、交通の便は悪いことがほとんどでしょう。コンビニなどが近くにないこともあるので、事前に確認することをおすすめします。また、繁忙期と閑散期の差が大きいこともデメリットとして挙げられます。しっかり働いて稼ぎたい場合は、繁忙期に応募しましょう。

リゾバをスタートさせる時は、まず紹介してくれる会社に登録をする必要があります。そこで仕事を探し、現地へ向かいます。