派遣なら、諦めていた憧れの秘書になれる!

派遣なら、諦めていた憧れの秘書になれる!

秘書の仕事って?必要な資格は?秘書の一日って?

秘書の仕事って、具体的にどんなことをするのでしょう。業種や付く人によって異なりますが、共通する大まかな仕事は、スケジュールの連絡調整と管理、出張等で交通機関やホテルが必要な場合はその手配、お礼状やお礼メールの発送、会議等で必要な資料収集と作成、といった内容が主になります。付く人の動向を常にチェックし、先回りして考えて動き、細やかな気遣いが重要な仕事です。

秘書になるのに、必須資格は特にないですが、企業によっては運転免許必須等の条件があるので、注意が必要です。民間資格の秘書検定があるので、そこで基本的な社会人マナーを勉強し、知識とスキルを身につけるのもいいでしょう。それから、やはり英語ができると需要が高まるので、英語の能力を磨くと秘書業務の幅が広がります。そしてPC作業も多くなりますので、必要最低限なPCスキルは必須です。

秘書の一日は出社してまず、その日のスケジュール確認から始まります。電話とメール応対をしつつ、会議が入っているので、資料の準備や会議室のセッティングを行います。お茶を用意することもあります。お昼休憩の後に、出張の各種手配をしながら、追加になった予定の確認調整を行います。その合間に依頼のあった資料を揃えたり、出張清算書類を作成します。業務終了前に翌日のスケジュールを確認し、終了です。秘書の一日はこのような感じで過ごします。

派遣という働き方で仕事もプライベートも両立

秘書は新卒採用はほぼなく、中途も経験者のみと限られることが多いですが、派遣なら未経験でも求人があるので、秘書をやってみたいという夢も叶えられます。そして業務時間もきっちり守られ、プライベートとの両立も可能なので、チャレンジしたい人におすすめです。

秘書の派遣業を委託する場合は、派遣会社に派遣スタッフの契約をお願いすると良いです。派遣会社には、秘書業務を行う派遣スタッフがたくさん登録されています。