自分に合う仕事かチェック!警備員の仕事のメリットやデメリットを解説!

自分に合う仕事かチェック!警備員の仕事のメリットやデメリットを解説!

警備員の仕事が初めてでもOk!警備員の仕事のメリット

初めて警備員の仕事の求人に応募する際は、自分に合う仕事かどうか気になりますよね。長く働けるかを見極めるには、メリットやデメリット、両面をよく把握して自分に適した仕事かということを判断しましょう。警備員の仕事は、比較的未経験者でも採用されやすいというメリットがあります。なぜなら、基本的に決まった場所での警備や業務を繰り返しおこなう仕事になるので、特別な資格やスキルが必要ない場合が多いからです。警備員の仕事が初めてという人や、事情により長期間仕事をしていなかったブランク有りの方でも採用されやすく、取り組みやすい仕事が多いです。「未経験者歓迎」といった警備員の求人募集も多くあり、はじめての方でも第一歩を踏み出しやすい職種の一つと言えます。

忍耐や体力に自信がない人はNG!警備員のデメリット

警備員の仕事のデメリットは、立ちっぱなしのルーティンワークになるということです。休憩を挟みますが、同じ場所に長時間立って仕事をすることもあります。屋外では雨や強風の天候に見舞われることもあり、そんな中でも交通誘導や監視などの業務をしなければいけません。ですから、警備員の仕事はそれなりの忍耐や体力が必要になります。日頃から健康管理もしっかりとしなければいけないでしょう。

屋外の警備は暑い季節は熱中症にも気を付けないといけませんし、仕事内容によっては労働環境が良くない現場もあります。また、屋内の警備の仕事であっても、夜間や深夜の勤務体系であれば、不規則な生活になって体調を崩すこともあるかもしれません。忍耐や体力に自信はあるけれど仕事を続けられるかちょっと心配という人は、できるだけ屋内の警備員の仕事や、日中の勤務体系の求人を選ぶようにしましょう。

警備員の求人に応募する際、必ず責任範囲を確認しましょう。万が一、警備中に被害が発生した場合の責任割合や、怪我を負った場合の補償を明確化しておかないと、後々トラブルに発展する可能性があるからです。