工場の仕事を選ぶときの3つのポイントを解説!

工場の仕事を選ぶときの3つのポイントを解説!

保険の加入の有無を確認すること

社会保険をはじめ雇用保険などの保険制度への加入状況の確認は必須です。特に仕事中にケガの可能性がある職場や、3交代制など勤務サイクルが不規則な職場は体調を崩しやすく休職になったり病院を受診したりする可能性があります。その時に、保険に加入していなければ大きな損害になるリスクがあります。勤務時間によっては社会保険の加入ができない場合もあるかもしれないため、社会保険への加入を希望する場合は必ず面接時に確認することが大切です。また、雇用保険も万一失業した時の大切な保障になるため、事前に加入の有無を確認するようにしましょう。

残業代の有無を確認すること

工場の仕事は、納期の状態によっては突然、残業が発生する場合があります。そのため、残業代がしっかりとつくのか、基本給にみなし残業代として含まれているのかなどを確認しておくことが大切です。残業代がつかない、またはみなし残業として初めから含まれているという場合は実際の残業時間を聞いておきましょう。

人体に有害な作業はないか確認すること!

扱う製品によっては人体に有害な物質を扱うことがあります。有害物質を扱う場合は一定の作業基準があります。それをしっかりと理解して対応してくれているかを確認しておきましょう。何年か経過後に健康被害として現れる可能性もあります。給与が異常に高すぎる求人などは健康被害の可能性がないかを事前に聞いておくと安心です。万一、危険な仕事である場合はそのぶんの補償が備わっているかも調べておくと良いでしょう。

東京の工場の求人では東京都内で働くとは限りません。地方にある工場への出向を求められることもよくあります。