寮付きの工場の求人で気を付けることとは?3つの注意点

寮付きの工場の求人で気を付けることとは?3つの注意点

家賃がいくらかかるのか把握しておく

寮によっては家賃が必要になることも珍しくありません。毎月の家賃がいくら必要になるのか、求人の説明をよく確認しておく必要があります。一般的な賃貸物件よりも安いことが多いですが、払えなくなると退寮させられることもあるため、家賃の支払いは重要です。また、家賃の支払いのほかに光熱費・水道代などの生活費が発生するため、給料から差し引いていくら必要になるのかを計算しておくことが大切だと言えます。

プライベート空間があるのか

寮で生活しているのは自分一人だけではありません。他の従業員も入寮しているため、一人暮らしよりもプライベートな時間を作ることが難しくなります。お風呂やトイレなどが共用だと落ち着かないといった人は、あらかじめプライベート空間がどれだけあるのか確認しておくことが大切です。個室だとある程度のプライベート空間は確保できますが、相部屋の場合は一人になることが難しく、ストレスがたまることもあるため注意する必要があります。

寮の規則は守らなくてはいけない

寮に住むためには、定められた規則を守らなくてはいけません。ルールを破ってしまうと退寮を命じられることもあるため、規則の内容をしっかりと把握することが大事です。ペット不可なのに犬や猫を飼ったり、部外者を無断で宿泊させたりなどしないよう気を付ける必要があります。規則が厳しくて守れそうにない場合、求人に応募しないのが無難です。最悪の場合、退寮だけでなく解雇される可能性もあるため、規則を守って寮生活を送るよう心がけましょう。

住み込みの求人は、職場の方針や勤務シフトによって自由時間が少なくなりますが、月々の生活費を安く抑えられるといった利点があります。