工場の仕事の一つ、玉掛けとはどんな作業?

工場の仕事の一つ、玉掛けとはどんな作業?

クレーンを使って荷物を運ぶ、危険を伴う作業

建設現場などで荷物を運搬する際、吊り荷をクレーンなどに掛けたり、取り外す作業を「玉掛け」と言います。工場の求人でも時々見かけますが、その親しみやすい名前とは裏腹に、一歩間違えば大事故につながりかねない仕事なのです。玉掛け作業では、ワイヤーロープやベルトスリングなど多種多様な用具を使用します。

それらの中から、吊り荷の形状や重量を考えて、最適な用具を選ばなくてはなりません。ここで用具を選び間違えると、吊り荷が落下して、他の作業員に怪我を負わせたり、付近にある物品を損壊する恐れすらあります。そうしたこともあり、法律では18歳未満の未成年者や妊婦の玉掛け作業の就業を制限している程です。

玉掛けの仕事には資格が必要

玉掛け作業にはリスクを伴うため、現場のスタッフには業務に関する知識と理解、高い安全意識が求められます。そうした事情から国家資格の仕事となっており、無資格者が作業をすると法令違反に問われるのです。吊り上げ荷重1トン以上のクレーンやデリックを使う作業スタッフになるには「玉掛け技能講習」、荷重1トン未満なら「特別教育」を修了しなくてはなりません。

このうち技能講習では、4科目の学科講習と2科目の実技講習を受ける他、更に試験も控えています。受講するのに特に資格はありませんが、揚貨装置運転士など所定の免許の保持者であれば、一部の学科の受講を免除されます。ただ試験自体は決して難しくはなく、殆どの人が無事に合格しているようです。玉掛けの有資格者であれば転職にも有利なので、この分野に関心があれば免許を取得しておいて損はないでしょう。

工場の求人は、マニュアル通りに作業をこなすものが一般的ですが、配属先によって組み立てや塗装、運搬など体力が必要なものや、検品など正確性が求められるものまで様々です。