プラントの施工管理を担当するにはどんなスキルやキャリアが必要?

プラントの施工管理を担当するにはどんなスキルやキャリアが必要?

多様な工場の点検や修理の経験がある人は有利

プラントの施工管理の求人数は全国に多くあり、即戦力となる有能な技術者の採用活動が活発に行われています。例えば、石油化学や機械、電子機器など様々な種類の工場内で長年にわたり点検や修理に携わったことがある人は、基本給や各種手当、ボーナスなどの条件が良い企業に就職しやすい状況にあります。また、海外にも多数のプラントを運営しているメーカーなどでは、施工管理のキャリアがあるだけでなく、語学に長けた人や、現地のスタッフとスムーズにコミュニケーションが取れる人に期待が集まっています。なお、施工管理の具体的な仕事内容については、プラント内で生産させている製品の種類やスタッフの配置、勤務体系などに左右されるため、就職活動を通じて自分に向いている職場を見極めることが大切です。

若年のエンジニアを指導できる人が必要とされている

全国展開をしているメーカーにおいては、若年のエンジニアの育成に力を入れるため、プラントの施工管理に関する指導経験が豊富な人材が求められています。特に、長期にわたり新卒者や第二新卒者の教育を担当していた人や、現場内での指導能力が優れている人は、高待遇で中途採用されるケースも珍しくありません。そのため、プラント内での施工管理の本来の業務の傍ら若手の教育にも携わりたい人は、採用試験に向けてそれぞれのメーカーがベテランのエンジニアに求めるスキルや経験についてリサーチをすることが重要です。その他、採用後に順調にキャリアを積むうえで、若手からベテランまで個々のキャリア支援がきちんと行われているか確認をしておきましょう。

プラントエンジニアリングは、国内に大きな規模の工場を構えるメーカーにとって重要なテーマの一つであり、設備の設計や運用、保守に対応できるエンジニアの育成が急務となっています。