待遇が良い工場で働きたい時はこんなポイントをチェックしよう!

待遇が良い工場で働きたい時はこんなポイントをチェックしよう!

生活費を節約したいなら寮費補助の条件を確認しよう

工場の求人数は全国にたくさんありますが、待遇は工場ごとに大きく異なるため時間を掛けて評判が良い工場の求人票やホームページに目を通すことが大切です。特に、就職後にできるだけ日々の生活費を節約したい人は、全ての入寮者を対象に毎月の寮費補助がある工場を探してみましょう。最近では、経営状態が良い工場を中心に、一万円から三万円程度の家賃の補助があるところや、インターネット料金や水道料金、電気代などを無料にしたりしているところも珍しくありません。なお、雇用形態によって寮費補助の金額や申請の条件に違いがあるため、少しでも良い待遇で働きたい人は、就職活動中にスタッフの定着率が高い工場についてよく調べておきましょう。

ストレスや疲れを溜めないためには休暇も重要

工場の仕事は、ハードな立ち仕事が多く、慢性的に人材不足の現場では残業が常態化することもあり、休日もストレスや疲れが取れないことに悩んでいる人が少なくありません。そうした中、なるべくストレスや疲れを溜めないように工場で働き続けたい人は、繁忙期でも週に二日以上の休日が取れるところや、雇用形態に関係なくノー残業デーがあるところを選ぶのもおすすめです。なお、大手メーカーの工場では、長期勤続者を対象とした年に数日から一週間程度のリフレッシュ休暇を付与しているところもあります。こうした独自の休暇制度については、工場の経営状態やスタッフの人数、勤務シフトなどに影響を受けるため、入社前にじっくりと色々な工場の取り組みについて確認しましょう。

寮付きの求人は住処が確保できるので遠方からの就業に適していますが、一方で家賃や光熱費などの支出が生じることもあります。思わぬ出費を避けるためにも事前の確認は欠かせません。